常時使用する冷蔵庫のことでしたが、温度を変化させるエアコンがあります。そうすると、「洗濯機」はあまり節電テクニックを発揮する機会が少ない様に思われます。(笑顔)実際、洗濯機については、主要家電製品の中では最も使用機会が少ない家電のひとつです。節電を考える時は、地味な存在になりがちですよね。そんな家電でもあります。~という訳で、そんな洗濯機の節電方法について紹介していきましょう。

まず、鉄則に、洗濯をする時にはなるべくまとめて洗うと言うことをお勧めします。数回に分けて洗濯機を回すと、一度に洗濯してしまうことがあります。当然ですが、後者の方が節電効果が高いと言えます。ですから、なるべく洗い物はまとめるようにしてくださいね。(笑顔)。この時に注意したいのが、洗濯機の中に入れる洗濯物の量になります。洗濯機には適量と言う物があります。それを越えた量の洗濯物を入れます。そうすると、回りが弱くなってしまうと言うことが考えられます。

そうなると消費電力が大きくなってしまいます。ですから、洗濯物の入れ過ぎは極力控えたが良いですね。そう思います。よって、「ギュウギュウに詰め込まない程度の量で、なるべく使用頻度を少なくする!!」それが、洗濯機の基本的な節電スタイルと言うことになります。洗剤を入れるとすすぎの時間が多くなりますよね。電気を無駄に使用してしまいます。しかし、適量以上入れてもそんなに意味はないと言うことです。(汗)。洗剤も洗濯物の量も、適量が一番と言うことですね。(笑顔)