スフェーンの鑑別方法

スフェーンの鑑別は、宝石質の場合、宝石鑑別鑑定士に依頼するのが良いでしょう。
石の性質を踏まえた上で、ホンモノのスフェーンなのか判断してもらえます。
スフェーンは硬度が低いのが特徴ですから、エッジがやや丸みを帯びている感じがありますし、分散率が非常に高く、虹色のファイヤがみられることも特徴です。
スフェーンと言えない、ライムグリーンのペリドットなど似通った石と間違えている場合、カットのない丸石などでは宝石質のものと比べて見分けがつきにくくなっています。
今でこそ、ニーズに応じて流通するようになってきましたが、もともとの流通量がすくなく、稀少な石とされてきましたから、アクセサリーも高額なものが多いですから、偽物には気をつけたいですね。
スフェーン効果?パワーストーンとしても人気の宝石【美しい輝き】