銀行は総量規制対象外

利用者が増えているキャッシングですが、消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1までしかお金を借りることはできません。
例えば年収300万円の人なら、複数の消費者金融から借りる総額が100万円までと決められているのです。
これは、返済できなくなるほどの借金を背負わないようにするための国の処置なのです。
しかし緊急の時に総量規制で借りられないのは辛いです。
そのような時には銀行のキャッシングを利用することをおすすめします。
なぜかというと、銀行は総量規制の対象になっていないので、年収の3分の1までといった規制がないからなのです。
しかも消費者金融よりも金利は低めなので、返済も楽になります。
銀行のキャッシングはかつては審査が厳しくて融資までの時間もかかったのですが、最近では消費者金融に負けないほどサービスが充実してきています。
即日審査のところもありますので、総量規制で消費者金融を利用できない人は検討してください。