自分の家を持つためにはどうすればいい?

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去のランキングで金利の推移などを参考にすると良いでしょう。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴としてこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
不合格の場合、残念ながら住宅ローのを組む事はできません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。

住宅ローンのランキングでおすすめの銀行は?