住宅ローンの審査に落ちた理由は何?

住宅ローンを申し込む際に避けては通れないもの、それが審査です。
審査では、融資を行った場合にきちんと返済が可能かどうかという点を主に確認されます。
ただ単に収入があれば良いというものではなく、安定した収入が長期にわたって見込める必要があります。
そのため、通常の消費者金融などのキャッシングなどに比べるとかなり厳しくなっています。
収入がきちんとあるのに審査に落ちた理由はいくつか考えられます。
一つ目は勤務先の業種が不安定な業種だった場合です。
飲食業界や不況業界に勤務している場合がこれに相当します。
二つ目が、基本給が安く残業などの変動収入が、収入の大部分を占めている場合です。
この場合は、本人の意識では十分な収入があると考えてしまいがちですが、固定給である基本給が低い為、景気が悪くなったり、仕事がなくなった場合には収入が激減する可能性があります。
その点を金融機関はチェックしています。
この場合では融資が可能となった場合でも、融資可能金額が希望額まで達していないという場合も考えられますので、注意が必要です。
以上、2点が落ちた理由として考えられます。